目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ@

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ その@

最初に「あ〜」と口をおおきく開き発声しましょう。
このとき目も一緒に見開きましょう。
発声は10秒ほど続けます。
次に「い〜」と口を左右にひろげて発声しましょう。
このとき目も横に伸ばす感覚で行います。
同様に10秒ほど続けます。

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチAに続きます
タグ:たるみ 美容

目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチA

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ そのA

次に口をとがらせて「う〜」と発声します。
このとき目をすぼめるようにして行います。
同じく10秒ほど続けます。
次に口を長方形にするつもりで歯を前面に出し「え〜」と発声しましょう。
目を長方形にする感覚は難しいですが、意識して行うようにします。
同じく10秒ほど続けます。

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチBにつづきます。
タグ:たるみ 美容

目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチB

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ そのB

最後に口をまるめながら前の方にのばし「お〜」と発声します。
目も同じような感覚でリンクさせます。
同じく10秒ほど続けます。
この発声を1日2セット行うだけで良いでしょう。
ポイントは発声時、口を大げさなほど発声する言葉の形にすることと、目もそれに応じた動きを行うようにすることです。
目の下など目周辺のたるみが顕著に表れることから、この動きは大切ですのでしっかりと行うようにしましょう。
なお、発声中は息を止めずに吐きながら行うのがポイントです。
どうしても呼吸が出来なくなってしまう場合は、途中で息を吸っても構いませんよ。


タグ:美容 たるみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。