目の下 たるみ 取り/目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみを取るためにも、原因を知りましょう。
目や顔のたるみの原因は主に四つの原因があると言われています。
目の下のたるみの原因を大きく分けると、乾燥、光老化、皮下脂肪の減少、表情筋の衰え、の四つです。

@乾燥 
肌荒れの原因とも言われる乾燥は皮膚の老化を早めます。
皮膚が伸縮する働きをする真皮層にあるエラスチンという線維や真皮層には皮膚にハリを持たせる成分のコラーゲンは線維芽細胞という細胞が生産していますが、皮膚が乾燥していると、線維芽細胞の活動が鈍くなり、肌のたるみが助長されるのです。

A光老化
光老化とは、紫外線により老化現象が早まることを言います。
真皮のシワやたるみは、紫外線による影響を受けて、エラスチンは不規則に変形し塊となってしまうため、柔軟性が失われ目の下のたるみなどが目立ちます。

また、コラーゲンは紫外線により生産量が減少します。よって皮膚のハリがなくなり、たるみの原因になります。

B皮下脂肪の減少
老化が原因により、目の周りはとくに加齢による変化が出やすい場所でもあるので、皮下脂肪の眼窩脂肪体が局所的に減少し、眼がくぼんだ感じになり、目元のしわが目立ちます。

C表情筋の衰え
目の下、あごやまぶた、などは皮下脂肪が厚く、筋肉が衰えやすくなりますので、意識的に動かさないと、皮膚を支える筋力が衰え、肌のたるみの原因になります。

その他、睡眠不足、間違ったマッサージやダイエットの繰り返しによっても皮膚はたるみが出ると言われています。


タグ:たるみ 美容
美容 たるみ解消 by 目の下 たるみ 取り 解消 | 目の下、たるみ取り・たるみ解消
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。