Sponsored Link

目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ@

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ その@

最初に「あ〜」と口をおおきく開き発声しましょう。
このとき目も一緒に見開きましょう。
発声は10秒ほど続けます。
次に「い〜」と口を左右にひろげて発声しましょう。
このとき目も横に伸ばす感覚で行います。
同様に10秒ほど続けます。

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチAに続きます
タグ:たるみ 美容

目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチA

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ そのA

次に口をとがらせて「う〜」と発声します。
このとき目をすぼめるようにして行います。
同じく10秒ほど続けます。
次に口を長方形にするつもりで歯を前面に出し「え〜」と発声しましょう。
目を長方形にする感覚は難しいですが、意識して行うようにします。
同じく10秒ほど続けます。

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチBにつづきます。
タグ:たるみ 美容

目の下 たるみ 取り/目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチB

目の下や顔の「たるみ」予防ストレッチ そのB

最後に口をまるめながら前の方にのばし「お〜」と発声します。
目も同じような感覚でリンクさせます。
同じく10秒ほど続けます。
この発声を1日2セット行うだけで良いでしょう。
ポイントは発声時、口を大げさなほど発声する言葉の形にすることと、目もそれに応じた動きを行うようにすることです。
目の下など目周辺のたるみが顕著に表れることから、この動きは大切ですのでしっかりと行うようにしましょう。
なお、発声中は息を止めずに吐きながら行うのがポイントです。
どうしても呼吸が出来なくなってしまう場合は、途中で息を吸っても構いませんよ。


タグ:美容 たるみ

目の下 たるみ 取り/目の下や顔のたるみを予防する方法とは?(3)

Bストレッチによる目の下や顔の「たるみ」予防

顔のストレッチはたくさんありますが、毎日継続できるものでなくては効果を期待できません。
毎日出来るという点で考えると簡単に行うことの出来るものが良いですよね。
そこで目の下や顔のたるみ予防のための簡単なストレッチについて紹介しましょう。
発声により目の下や顔のたるみを予防する

この方法は大変簡単です。
あ、い、う、え、お、という言葉を発声するだけでOKです。
 
タグ:美容 たるみ
美容 たるみ解消 by 目の下 たるみ 取り 解消 | 目の下、たるみ取り・たるみ解消

目の下たるみ取り 北海道/美容整形外科 札幌市

聖心美容外科 札幌院

http://www.sapporoin.com/index.html
住所:
〒060-0005
札幌市中央区北5条西2丁目五番地
JRタワーオフィスプラザさっぽろ9F

電話番号:
フリーダイヤル 0120-911-935
(9:30〜20:00)
夜間受付はフリーダイヤル 0120-773-566(新規ご相談のみ)
(20:00〜23:00)
※携帯電話、PHSからもご利用できます。

アクセス:
JR札幌駅 直結
(JRタワーオフィスプラザさっぽろ内)

診療科目:
美容整形 形成外科

営業時間:
診療時間/10:00〜19:00<完全予約制>
電話受付/通常受付(10:00〜20:00)、
・夜間受付(20:00〜23:00)
土・日・祝日も診療しています<年中無休>

※お支払い分割利用可(3〜60回)/カード利用可
※宿泊予約、ホテルの予約代行あり

プチ整形・美容外科・形成外科・メソセラピー(脂肪溶解注射)の料金・価格・費用・

値段・金額は⇒http://www.biyougeka.com/cost/dieting/口コミ・評判・体験談はこちらへ
美容 たるみ解消 by 目の下 たるみ 取り 解消 | 口コミ・評判・体験談(0) | 目の下、たるみ取り・たるみ解消
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。